1月30日にスタートする東ティモール派遣プログラムの生徒たちが出発に向け準備を強化しています。
DSCN0120
生徒たちは現地で2つの高校を訪問し、そこで日本についてプレゼンをすることになっています。そのための準備が急ピッチに進行中で、1月16日(火)に2回目の模擬プレゼンを行いました。
DSCN0087DSCN0091DSCN0104DSCN0114
第1回目の模擬プレゼンは1月10日の始業式の日に実施。引率の先生や英語科の先生、ALTの先生に見ていただきましたが、英語のみならず内容や構成に至るまで、数多くの厳しい指摘を受けました。まだまだ自分たちの思いだけが優先してしまい、日本のことを知らない外国の方にとっては内容が伝わりそうもないプレゼンになってしまったようです。
DSCN0123DSCN0129
そうした指摘を受けおよそ1週間、悩みながら手直しを加えて行われた2回目の模擬プレゼン。今回も多くの指摘を受け、まだ完成とは言えませんが、初回に比べるとだいぶ改善が見られました。
DSCN0134DSCN0139
生徒たちはグループに分かれ、「工学院」「日本の音楽」「日本の食事」「日本の四季」「日本人の礼儀」「日本の便利さ」をプレゼン発表し、「ソーラン節」「坊主めくり」「ペットボトルロケットなどペットボトルの活用」などを実演発表しようと準備を進めています。
DSCN0143DSCN0153
ほとんどの生徒は英語でプレゼンをすること自体が初めての体験。あまり時間はありませんが、東ティモールの皆さんに内容がしっかり伝わり、日本に興味を持ったもらえるようなプレゼンができるよう、これからはギリギリまで準備や練習を重ねていきます。
DSCN0162DSCN0164